息子 (1991) / My Sons

『息子』(むすこ)は、1991年公開の日本映画。製作・配給会社は松竹で、監督は山田洋次。椎名誠の小説『倉庫作業員』を原作として山田と朝間義隆が脚本を担当。岩手県の山奥で暮らす父親と、都会でフリーターを続ける息子との葛藤と心の変化を描いた社会派ドラマ。第15回日本アカデミー賞や第65回キネマ旬報ベスト・テンなど、数多くの映画賞を受賞した。

出演:三國連太郎、永瀬正敏、和久井映見ほか

 ・ Hulu : 息子 (1991) / My Sons

 ・ Youtube : 息子 (1991) / My Sons

息子 (1991) / My Sonsのあらすじ

東京の居酒屋でアルバイトをしている哲夫は、1990年(平成2年)7月(バブル景気時)、母の一周忌で帰った故郷の岩手でその不安定な生活を父の昭男に戒められる。その後、居酒屋のアルバイトを辞めた哲夫は下町の鉄工所にアルバイト(後に契約社員へ登用)で働くようになるが、製品を配達しに行く取引先で征子という美しい女性に好意を持つ。哲夫の想いは募るが、あるとき彼女は聴覚に障害があることを知らされる。当初は動揺する哲夫だったが、それでも征子への愛は変わらなかった。翌年の1月に上京してきた父に、哲夫は征子を紹介する。彼は父に、征子と結婚したいと告げるのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 学校III (1998) / The New Voyage

  2. 下町の太陽 (1963) / Sun at Downtown

  3. 二階の他人 (1961) / Stranger Upstairs

  4. 学校 (1993) / A Class to Remember

  5. 学校II (1996) / The Learning Circle

  6. 家族 (1970) / Where Spring Comes Late

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。