霧の旗 (1965) / the Trap

『霧の旗』(きりのはた)は、松本清張の長編小説。兄の弁護を断った弁護士に対する、女性の理不尽な復讐を描く、リーガル・サスペンス。1965年5月28日公開。製作は松竹大船、配給は松竹。桐子の出身地は熊本とされている。

 ・ Hulu : 霧の旗 (1965) / the Trap

霧の旗 (1965) / the Trapのあらすじ

九州の片田舎で発生した、金貸しの老女の強盗殺人事件。被害者から金を借りていた教師の柳田正夫が、犯人として検挙された。柳田は、殺害現場での借用証書の窃取は認めたものの、殺人に関しては無罪を主張する。しかし、殺人の物的証拠が揃い十分な動機も認められた状況の中で、柳田の主張は受け入れられず、国選弁護人も状況を覆すことはできなかった。思いあまった妹の桐子は、高名な弁護士の大塚に弁護の依頼を申し出るが、拒絶される。やがて、無実を訴えながら獄中で非業の死を遂げた兄のため、桐子がある行動に出る。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。