キネマの神様 (2021) : The Name above The Title

山田洋次監督が原田マハの小説を映画化した人間ドラマ。ひたすらに映画を愛し続けた男を主人公に、時代を超えた愛と友情、そして家族のありようを描きだす。沢田研二と菅田将暉が二人一役で主人公を演じるほか、宮本信子、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子らが共演。当初、志村けんが主演を務める予定だったが、新型コロナウイルス感染症による急逝を受け、かつて同じ事務所に所属し親交の深かった沢田を代役に迎えた。

監督:山田洋次
出演:沢田研二、菅田将暉、宮本信子、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子

amazon : キネマの神様 (2021)
・ prime video : キネマの神様 (2021)
・ U-NEXT : キネマの神様 (2021)
・ dTV : キネマの神様 (2021)
・ YouTube : キネマの神様 (2021)

キネマの神様 (2021)のストーリー

ギャンブル漬けで借金まみれのゴウ(沢田研二)は、妻の淑子(宮本信子)と娘の歩(寺島しのぶ)にも見放されたダメ親父。しかし、そんな彼にも“映画”という愛してやまないものがある。若き日のゴウ(菅田将暉)は助監督として撮影に明け暮れながら、映写技師のテラシン(野田洋二郎)ら仲間とともに青春の日々を駆け抜けていた。それから半世紀後の2020年、ゴウがお蔵入りとなっていた自らの初監督作『キネマの神様』の脚本を発見したことで、沈みかけていたゴウと家族が再び動き始める。

関連記事

  1. 学校III (1998) : The New Voyage

  2. 家族 (1970) / Where Spring Comes Late

  3. 同胞 (1975) / the Village

  4. 学校 (1993) : A Class to Remember

  5. おとうと (2010) / About Her Brother

  6. 二階の他人 (1961) : Stranger Upstairs

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。