馬鹿が戦車でやって来る (1964) / the Donkey Comes on a Tank

『馬鹿が戦車でやって来る』(ばかがタンクでやってくる)は、1964年に、松竹により制作・公開された、山田洋次監督・ハナ肇主演の映画である。團伊玖磨の小説『日向村物語』が原作で、音楽も團が担当している。山田洋次監督作としては、『馬鹿まるだし』『いいかげん馬鹿』に続く、『馬鹿シリーズ』第3作である。

出演:ハナ肇、岩下志麻、飯田蝶子

 ・ Hulu : 馬鹿が戦車でやって来る (1964) / the Donkey Comes on a Tank

馬鹿が戦車でやって来る (1964) / the Donkey Comes on a Tankのあらすじ

昔、日永村の村はずれに、乱暴者の少年戦車兵上がりの男・サブが、耳の遠い母親「とみ」と、頭の弱い弟・兵六(へいろく)と一緒に暮らしていた。一家は村中から嫌われていたが、長者・仁右衛門(にえもん)の娘・紀子(のりこ)だけはサブの味方だった。紀子の全快祝いの日、サブは仁右衛門から追い出され、暴れ回り、警察に送られる。サブがいない間に村会議員の市之進(いちのしん)は、とみを騙し、サブの土地を巻き上げる。帰ってきたサブは怒り、隠していた戦車を運転し、村中を暴走させ、村人たちを恐怖のどん底に叩き込む。その最中、兵六が火の見櫓から落ちて死んでしまう。それを知ったサブは、兵六の死体を戦車に乗せ、そのまま姿を消した。後を追って来た村人たちが浜辺で見たものは、海の中へと進んで行ったようにもみえる、戦車の轍だけだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 家族はつらいよ (2016) / What a Wonderful Family

  2. ハナ肇の一発大冒険 (1968) / Million Dollar Pursuit

  3. 虹をつかむ男 南国奮斗篇 (1997) / The Rainbow Seeker 2

  4. 吹けば飛ぶよな男だが (1968) / the Shy Deceiver

  5. 運が良けりゃ (1966) / Gamblers’ Luck

  6. 虹をつかむ男 (1996) / The Rainbow Seeker

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。