馬鹿まるだし (1964) / the Honest Fool

『馬鹿まるだし』(ばかまるだし)は、1964年に松竹が制作、公開した山田洋次監督の映画。ハナ肇、山田洋次コンビの「馬鹿シリーズ」の第一弾。

 ・ Hulu : 馬鹿まるだし (1964) / the Honest Fool

馬鹿まるだし (1964) / the Honest Foolのあらすじ

瀬戸内の小さな町、シベリア帰りの安五郎が淨念寺に転がり込み、住職の長男の妻(ご新造さん)夏子に一目惚れ。やがて町のボスとなった安五郎は労働争議を解決するなど大活躍する。しかし、町の勢力を反対派に握られ、人々の目は冷たくなっていき、淨念寺にも出入り禁止となってしまう。そんな折、誘拐事件が起こる。名誉挽回のチャンスだと誘拐犯を追いかけた安五郎だったが・・・

  • コメント: 0

関連記事

  1. 吹けば飛ぶよな男だが (1968) / the Shy Deceiver

  2. なつかしい風来坊 (1966) / the Lovable Tramp

  3. 運が良けりゃ (1966) / Gamblers’ Luck

  4. 虹をつかむ男 南国奮斗篇 (1997) / The Rainbow Seeker 2

  5. 九ちゃんのでっかい夢 (1967) / Lets Have a Dream

  6. 家族はつらいよ (2016) / What a Wonderful Family

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。