二階の他人 (1961) / Stranger Upstairs

二階の他人(にかいのたにん)は多岐川恭が1961年に発表した短編小説、ならびにこれを原作とした松竹制作の映画。山田洋次監督の初監督作品である。1961年12月15日公開。上映時間56分。

出演:小坂一也、葵京子、高橋とよ

 ・ Hulu : 二階の他人 (1961) / Stranger Upstairs

二階の他人 (1961) / Stranger Upstairsのあらすじ

さまざまな場所から資金を集め、土地を購入し家を新築した葉室正巳と明子夫妻は、 ローン返済の為、二階部分を下宿として間貸しすることを思いつく。

最初の住人は小泉久雄と晴子夫妻。 しかし家賃の滞納を続けた上、失業中だと言う久雄は、正巳の紹介した倉庫番も怠けてしまう。 更に正巳の母のとみが、同居していた長男の鉄平夫婦ともめ事を起こした末に押し掛けて、久雄らと意気投合。花札などに興じる様になる。 正巳と明子は、小泉夫婦に対するまかないを打ち切った上で「出て行って欲しい」と通告するが、無視されてしまう。 遠藤巡査に相談の末、一念発起した正巳は二階に乗り込み、二人にバットを振り立てて追い出すことに成功。同時にとみも鉄平の家へと帰ってゆく。

しばらく経ってやって来た2番目の住人は、羽振りの良い華やいだ印象を持つ新婚の来島泰造と葉子夫妻。 来島の依頼で増築した風呂場が完成した頃、とみが再び押し掛けて来る。 とみに関して、鉄平、次兄の信哉夫妻を交えて話し合いを持つが決裂。兄達から家の建築費用の返済を迫られた正巳は、来島から借金をすることに。

数ヶ月後、来島夫妻が横領で指名手配中だという新聞記事が掲載され、次第に周囲に胡散臭い人間が現れる様になる。

来島夫妻は正巳達とクリスマスパーティを開くが、「態度が不自然」「心中を決意したのでは?」と正巳は遠藤巡査に相談。 翌日、とりあえずは無事だったものの、飼っていた小鳥を逃がす来島夫妻を目撃した明子は正巳の勤務先に出向き、三田村部長に相談するが、肉体関係を迫られてしまう。 明子が家に逃げ帰ると、自首した来島夫妻が警察に連行されて行くのが見えた。 来島からの借金がトラブルの原因になるのでは?と心配する正巳らだが、 明子は部屋に残されていた小鳥の籠に世話になった礼と「借金を口外しない」と書かれた手紙をみつけた。 正巳と明子は来島達が出所した時に返済するつもりで、毎月積み立ててゆくことを決意する。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 十五才 学校IV (2000) / fifteen-2000

  2. おとうと (2010) / About Her Brother

  3. 家族 (1970) / Where Spring Comes Late

  4. 学校III (1998) / The New Voyage

  5. 学校II (1996) / The Learning Circle

  6. 同胞 (1975) / the Village

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。